中東短信

中東TODAY より引用

佐々木 良昭

2021年02月23日

№6223 2月23日 『中東短信』







:トルコ企業リビアに最大のコンクリート工場建設

トルコのカランフィル・グループ社が、リビアに最大規模のコンクリート工場を、建設している。既に建設費1000万ドルが投資され、最終的には5000万ドルが、投資される予定だ。

この工場は1時間当たり90
立方メートルの、コンクリートを生産する能力がある、ということだ。リビアの周辺にはコンクリートを必要とする、チュニジア、モロッコ、アルジェリアなどといった国々があり、市場は大きく広がるだろう。

なおこの工場は現在250人だが、将来は1000人の雇用を計画しており、リビアにとっては二重に喜べるだろう。



:エルドアンの義理息子ベラトをCHPが非難

エルドアン大統領は最近激しさを増している、彼の義理の息子ベラトに対する非難は、エルドアン大統領と家族全員に向けられたものだ、と反論している。エルドアン大統領は月曜日の党会議で『CHPとその友人たちは、私の家族全員と私を標的にし、ベラト・アルバイラクをめぐって、キャンペーンを行っている。ベラトの不運は、彼が務めたすべてのポストで彼の経験、努力と成功に影を落とした』と語っている。

ベラトは2015年から2018
年までは、エネルギー相を勤め、その後に財務相に替わっている。しかし、彼の財務相就任時期は、インフレ率が上昇し、経済は相当のダメージを受けている。

ベラトは蔵相辞任後今何処に住んでいるのか不明だ。一説には、ベラトは外国にいるとか、トルコ国内のリゾート地にいるとか、という情報が流れている。それだけ彼は危険な立場にある、ということであろう。

:リビア内相暗殺未遂

リビアの内相が日曜日に自宅の近くで、何者かによって襲撃される、という事件が起った。彼自身は怪我もしなかったが、付き添いの二人が死亡し、一人は重傷を負っている。事件後、加害者側の2人が逮捕され、一人はラドワン・ハンガリーだと言うことだ。

この襲撃にあったバシャーガ内相は、ミスラタの出身であり、西側リビア政府GNAの閣僚だ。彼はミリシアを国家治安部隊に吸収する、努力をしていたということだ。彼は国連主導の和平努力を支持する一人だ。

そもそも、このバシャーガ内相は以前から、名前が知られており、セラジ首相に対抗する人物の、一人でもあった。

ーーーーーーーーーー

戦乱の中でも、トルコがリビアでコンクリート工場を建設して、リビア周辺諸国に輸出出来る、というのが驚きですね。

コメント

非公開コメント