ゲイリー・バーネット:地球の人口削減を計画している優生思想家たち

202103071332044c9.jpg
20210307133210736.jpg
202103071332168dd.jpg
20210307133223cf0.jpg
20210307133229b89.jpg

大摩邇(おおまに)より引用

ゲイリー・バーネット:地球の人口削減を計画している優生思想家たち

2021/03/07 06:58









さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/621fa714329cb6b445291dde4d92195a
ジョージアガイドストンを破壊できなければ、パワーを封じ込めるものを
地球上の神聖な場所に打ち立てるようにしないと!
と言っても何処かわかりませんので、各自の心(魂)に呼びかけてください。



<転載開始>


Gary Barnett -- Eugenicists Plan to Depopulate the Planet
ゲイリー・バーネット:地球の人口削減を計画している優生思想家たち February 27, 2021
https://henrymakow.com/2021/02/Eugenicists-Plot-to-Depopulate-the-Earth.html




「時間が経つにつれ、より多くの死者が出てくるでしょう。特に、この『ワクチン』を接種した人にとって。今から数ヶ月後が、その物語を語るでしょう、そしてそれはきれいな光景ではないでしょう。」- ゲイリー・バーネット

「私は、絶滅の危機に瀕するほど種が減ってしまった動物に生まれ変わったらどうなんだろうと思う。人口爆発でどこかで存在を否定されてしまった人類に対して、どんな気持ちでいるのだろうか・・・。私は、特に致命的なウイルスとしての輪廻転生を求めたくなることを告白しなければならない。~ フィリップ王子、『もしも私が動物だったら』-イギリス、ロビン・クラーク社、1986年への前書きで。

「今日の世界の人口は68億人・・・90億人に向かっています。ワクチン、ヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルス・サービスの分野で本当に素晴らしい仕事をすれば、おそらく10~15%は減らせるでしょう。」~ ビル・ゲイツ

「米国経済は、海外、特に未発達国からの大量かつ増加する鉱物を必要とするため、人口削減は第三世界に対する外交政策の最優先事項であるべきである」~ ヘンリー・A・キッシンジャー

「総人口は2億5千万人から3億人、現在の水準から95%減少するのが理想的だ。」 ~ テッド・ターナー

「大家族が幼いメンバーの一人にする最も慈悲深いことは、それを殺すことである。」 ~ マーガレット・サンガー『女性と新しい人種』第5章「大家族を作ることの邪悪さ」(1920)


Eugenics Is Alive and Well, and the "Covid-19" Scam is the Engine for Accomplishing Depopulation

By Gary D. Barnett
(henrymakow.com)


「優生学とは、人類の遺伝的な質を向上させることができるという信念に基づいた社会的(そして「科学的」な)運動であり、選択的育種や他の道徳的に批判されがちな手段を用いて、遺伝的に劣っていると考えられる集団を排除する一方で、遺伝的に優れていると判断された集団の成長を奨励することである。」


「我々ユダヤ人、我々は破壊者であり、これからも破壊者であり続けるだろう。あなた方は何をしても我々の要求とニーズを満たすことはできない。我々は永遠に破壊するだろう。なぜなら、我々は、我々自身の世界を望むからだ。」— Maurice Samuel


(マコウ-自分自身をからかうのはやめよう。共産主義、NWO、グレート・リセットは全てカバリスト・ユダヤ人のものである。彼らはゴイムの裏切り者であるフリーメイソンを、彼らの命令を行わせるために雇い入れているのである)


今日のアメリカと世界に存在する大規模優生学の取り組みを否定する人は、病的な嘘つきか、検閲に動かされた操作的なプロパガンダ者か、あるいは現実を全く知らないかのいずれかである。


トランスヒューマン、テクノロジー、テクノクラシーの運動は、すべて優生学に基づいている。公然と求められ、計画された「グレート・リセット」は、現代の優生学運動の縮図である。この聖戦の凶悪な性質と不快な概念のために・・・過去に使用された用語は、集団的な、そして間抜けな群れを騙すために変更されてきたが、これまでのところ、その欺瞞は成功している。





この偽のパンデミックは、数百万人、あるいは数十億人の庶民を排除し、支配するために、人類の死と遺伝子改変を達成するための第一歩であるが、これらのアジェンダを追求するための絶え間なく変化する理由付けは、やがて持続可能な開発&「気候変動」の言い訳に形を変えていくだろう。

そして、すでに進行中の食糧供給の計画的な破壊と、エネルギーの意図的なコントロールと不足を考えると、意図的に作られた食糧とエネルギーの不足は、一般の人々の間で懸念を引き起こすだけでなく、同様に完全なパニックを引き起こすために使用されるだろう。

これらの演出された出来事は、政府がコントロールした緊急時の配給のために非難され、その後、国民の特定のセグメントは、「危機」の間に必要不可欠な必需品を過剰に使用したために呪われることになるだろう。

十分な食料とエネルギーがなければ、この種の危機的状況に備えて準備してきた人々を犠牲にして、依存している人々を保護するための緊急時の努力を装って、人口の大部分を殺害することができるのだから、これは両刃の剣である。

これは、すでに怯えている人々の心に精神病的な生存本能を注入して、他者への共感を押し殺すことによって、究極的に分裂的なプロパガンダを利用しているのである。これらの戦術は、プロレタリアート階級全体に対する単なる心理戦である。




ワクチン接種(毒物の注射)、検査による病原体の導入、マインドコントロール、ロックダウン、計画的殺人、不妊手術、恐怖心を煽ることは・・・人間の生物学の人為的な改変、侵略的な心理操作、厳罰的な制限と義務化の強化、そして国家が主催した執行者の手によるテロ行為によって、国家に有利な方向に流れを変えることになる・・・もし国民がこの暴行に対して一斉に立ち上がらなければ、上記のような状況がほぼ確実に起こるであろう。

今頃はもう、一部の人間の意図的な排除、他の人間の遺伝子や心の変更、そして特に発展途上国での壮大な不妊化キャンペーンは、望まれている、そしていくつかの点ではすでに進行中である明白な計画であると見做されるべきである。

他人に対する優越感を主張する社会の一部が、誰が生きあるいは死ぬか、誰が自由あるいは奴隷か、そして、人間として存在価値があるように強制的に改造すべきかどうかを決めることができるようになりたいと考えているということを考えるのは、極めて困難である。彼らは単なる悪の怪物である。




優生学の考えは決して消えたわけではなく、数十年の間、影を潜めていただけだった。しかし今日では、別の名前ではあるが、再びよりオープンに議論されている。 優生学の支持者は、通常、左翼、進歩主義者、ポストモダニスト、新マルクス主義者、グローバリスト、あるいは権力を持つ政治家であり、もはや多くの見解を隠すことができない。

彼らには、大学教授、科学者、テクノクラート、「健康」組織や機関の役人、そして、世界を自分たちの好みにリセットしようとしているとされる「エリート」とその無税財団が含まれている。例えば、ビル・ゲイツがすぐに思い浮かぶが、他にもたくさんいて、これらのタイプはアメリカをはじめ世界中で強力な地位を占めている・・・

私の考えでは、時間が経つにつれ、より多くの死者が出てくるでしょう。特に、この『ワクチン』を接種した人にとって。今から数ヶ月後が、その物語を語るでしょう、そしてそれはきれいな光景ではないでしょう。

解決策は、不服従と反対意見の表明です。個々の個人以外には、誰もこれを実現することはできませんが、しかし、従うことを拒否すればするほど、人類に対するこの計画された戦争を生き延びるための良い機会となるでしょう。


Source at original.

The Best of Gary D. Barnett

Related - Eustace Mullins - Vaccines- The Oldest Scam (和訳)


First Comment from CR

出生率を下げるための具体的な戦術や政策がなくてさえ、covidは大きな影響を与えています。ウイルスに対する世間の恐怖感や経済的な不安の他にも、出産時にマスク着用を強制されたり、非常識な企業からマスク着用を期待されたり、保育士不足など、女性が子供を持つことを躊躇している要因があります。何人かの女性から「今すぐにでも子供を産むことは想像できない」と言われており、今では妊婦さんを見かけることも少なくなってきています。

covidを巡って発狂した多くの国でも同じ状況です。

この過去12月の出生率は、フロリダ州では8%、アリゾナ州では5%、オハイオ州では7%と前年に比べてダウンしていました。

The COVID-19 Pandemic Has Led To A 'Baby Bust,' Not A Baby Boom | HuffPost Canada Parenting (huffingtonpost.ca)

2020年、フランスの出生数は第二次世界大戦以来の最低水準にまで落ち込みました
Covid blamed for biggest drop in French births in 45 years (medicalxpress.com)

過去一年間に生まれた赤ちゃんは、covidの前か、まだ「曲線を平坦にするために2週間」だった頃に妊娠したことを心に留めておいてください。フランスで報告されているようにこのような大規模な低下のためには、中絶の数が増加しているに違いないですし、これが引きずるように出生率がさらに減少する可能性がかなり高いことを確認することができます。


関連

人口削減狂想曲 改訂再掲
https://blog. goo.ne.jp/beingtt/e/7f4934a4a5651680cfb5f964afcf3b73

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
https://satehate.exblog.jp/15912246/

コロナウイルスパンデミックの時代にジョージアのガイドストーンに注目が向かっている Niamh Harris
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/425f1abbed38efc5d7515de1287ba966


<転載終了>

ーーーーーーーーーー

世界の総人口を5億人に絞ると、勝手に計画している。なぜ80億人ではダメなんですか?80億人では食糧難や医療問題が起きるが、5億人にしても、問題は起きるでしょう。イルミナティやダボス会議には、地球の総人口を決定する権限が有りませんからね。

コメント

非公開コメント